南城市内のおすすめテーマパークについて

那覇空港とは全国各地から直行便でアクセスできるほか飛行機は夜まで飛んでいるため、LCCを利用して日帰りで遊びに行く人が急増中です。日帰りで滞在時間が半日ない中ではなかなか沖縄の良さを満喫するのは難しいところがありますが、那覇市から近い南城市内には日帰り旅行者に絶好なスポットがあります。それは南条市南部の玉城前川という地区にある鍾乳洞を中心としたテーマパークで、こちらには沖縄の様々なエッセンスが詰まっているため、人気上昇中です。

 

南城市内のテーマパークではどんな体験ができる?

南条市玉城前川地区のテーマパークの鍾乳洞には、ライトアップによって青く見える「青の泉」があり、この泉の幻想的な色合いは見ものです。続いて、中世に約400年に渡って繁栄した琉球王国の城下町を再現したエリアも設けられており、独特な外観の古民家では様々な体験ができます。また沖縄の動物というハブが有名ですが、園内のハブ博物公園では毎日ハブのショーが開催されています。熱帯フルーツ園では約100種類の熱帯果樹を間近で見られるほか、土産店エリアにはあらゆる定番商品が揃っていて土産を買う事にも困りません。その他、まだまだ様々な楽しみ方ができるこのテーマパークは沖縄へ日帰りで遊びに行く際の行き先として要注目です。

 

テーマパークへのアクセス

南城市内は電車が通っていませんが、そんなにアクセス環境は悪くありません。バスを利用する場合はまず那覇空港からゆいレールに乗って旭橋駅に向かってください。この駅そばのバスターミナルからはこちらのテーマパークの前のバス停を通るバスが出ています。レンタカーの場合は那覇市街地で車を借りれば国道507号を通ってテーマパークのすぐ近くまでアクセスできますので車でもアクセスしやすい場所です。